現在地

商店街大型映像配信システム

トラック誘導システム

商店街大型映像配信システム
東京都荒川区・ジョイフル三の輪商店街

音声・FAX・Webで各店自らコンテンツを制作・登録、
大型映像で商店街活性化の起爆剤に

大型店・郊外店へと客足の流れが変わり、世代交代がうまく進まない小売店が軒を並べる商店街では、空き店舗が増え、客離れを加速させている。一般に商店街の活性化には、ハード面(設備や装飾)とソフト面(広告宣伝や販促、情報発信等)双方のアプローチが重要だ。東京都荒川区にある「ジョイフル三の輪商店街」では、その両面からアプローチした取り組みを進めている。ここでは、他の商店街とは少し違った光景が見られる。道行く買物客がしきりに上を見上げながら歩く姿が目立ち、その視線の先には大型ディスプレイが。「ジョイフル・ビジョン」と名づけられたこのディスプレイは、単なるテレビ番組やビデオ映像の再配信ではなく、何と各店手づくりのコマーシャルが放映されているのだ。

ジョイフル三の輪商店街USER8s VOICE

コンテンツを各店自ら考え、エントリー

ジョイフル三の輪商店街は、東京都の下町、荒川区南千住にある。チンチン電車、都電荒川線終着駅のすぐそばだ。1919年(大正8年)に誕生した、国内でも有数の古い歴史をもつ商店街に、最新のIT機器システムが導入された。

同商店街振興組合の高木常務理事に話を伺った。
「バブル崩壊後も数年間は商売も良好でしたが、ここ10年は非常に厳しい状況が続き、商店街にかつての活気が見られない。

じっと待っていてもどうにもならないので、商店街では、数年前より、さまざまな方策を講じてきました。ポイントカードの導入や各種イベントの実施、アーケードの整備、ホームページ開設、都電新駅『ジョイフル三の輪前』の設置、近隣の大型スーパーとの提携などです。

そしてこのたび、CTI情報センターさんの協力を得て『ジョイフル・ビジョン』を設置しました。それまでの方策とは大きく違う点は、各店自らが知恵を絞ってコンテンツを制作し、放映するという参加性の高さです。

そのためには、コンテンツ登録操作のハードルを低くする必要があり、電話やFAXからもエントリーできるように工夫しました。昨年11月に運用を開始しましたが、今では全140店舗のうち、6~7割の店が常時利用していますよ。」と説明してくれた。利用率は非常に高いようである。

高木理事
「チンチン電車に会える街」で知られるジョイフル三の輪商店街

ユニバーサル・アクセスな登録手段

ディスプレイは60インチの大型PDP(プラズマ・ディスプレイ)で、アーケードに吊るす形で3台設置されている。コンテンツの登録には、電話・FAX・Webの3ルートが用意されており、この間口の広さが、ジョイフル・ビジョン最大の特徴だ。

まずは電話だが、事前に登録した電話機からシステムに電話をかけ、3桁のIDに続き、音声登録「9」をプッシュすると、タイトルとコメントを順に聞いてくる。

そこで例えば「特売情報」「トマト激安セール 毎日6時から」とそれぞれ発声すると、音声認識によって文字に置き換わりディスプレイに表示される。

認識をよりスムーズにおこなうため、タイトルやコメントに入る単語の候補は、各店からあらかじめ出してもらい、音声認識辞書として登録してある。なお、店名は登録された電話番号(ナンバー・ディスプレイ)とひも付けされており、自動的に挿入される。

FAXからは、メニュー選択で「7」をプッシュし、手書きやワープロ打ちの紙原稿を送信するだけだ。モノクロだが写真やイラストも添えられ、より詳しく自由なレイアウトが可能。

電話・FAXともに、最後に2桁の放映日数をプッシュすることで、放映枠に組み込まれる。3時間ごとに番組が自動編成されるので、入力3時間後には画像が流れる。

これら、電話・FAXからの対応をVOISTAGEがサポートしている。
「全店が参加できる仕組みをめざす以上、電話やFAXというメディアを抜きにすることはできなかった。」と、高木理事。

一方、Webからは、さらに多彩な画面制作が可能だ。入力には分かりやすい専用フォームが用意されている。タイトル・コメントを入力し、文字種・サイズ・カラー、背景を順に指定し、写真など任意の画像を指定すれば完了する。

文字の変化や動画も挿入できるなど、通常のWebページ同様、さまざまなつくり込みにも対応している。

アーケードに設置されたディスプレイ(写真の画面はFAXで入力されたもの)
Web入力フォーム

自主管理により運用コストも削減

実際の各店の画面は趣向を凝らした立派な「作品」に仕上がっている。
「当初は各店の意識やスキルはまちまちだったので大変でしたが、随時パソコン操作やコンテンツ制作の勉強会を実施しているので、腕は上がってきていますよ。」と高木理事。

情報は商店街の各店のほか、学校やサークルなどの地域情報も流される。行政からは緊急情報を音声やFAXで簡単に挿入することもできる。

放映時間は1店あたり10秒間で、朝10時から夜8時までの10時間休みなく流れている。コンテンツの登録は、CTI情報センターが契約するデータセンターにある2台のサーバーが対応する。

電話やFAXからは、マルチメディアカードVS-403MCを搭載したCTIサーバーが、Web経由の登録にはWebサーバーが担当し、受け付けたコンテンツは、商店街組合事務局にある配信サーバーに送られ自動放映される。

なお、実現にあたっては、東京都の創造法認定も受けるなど公的補助を活用し、総費用の1/4を振興組合予算から拠出した。

一般に大型ディスプレイによる映像配信と聞けば、ハードウェアメーカーからの提案を想像するが、ジョイフル・ビジョンはソフトウェア開発会社と商店街が共同で開発した独自のシステムだ。「自主管理」による、圧倒的に低い運用コストも見逃せない。

環境が許せば、CATVの地域コミュニティ番組等に配信し、広く情報発信していくのも有効ではないだろうか。

趣向を凝らした各店の力作
組合事務局にある配信サーバー
システム概念図

 

各店の思いを凝縮した10秒間のプレゼンテーション

店の人たちにも話を聞いてみた。

「八百権」を経営する山上さんは、「画像だけでなく、音声も入れられるからいいねえ。見てるお客さんより、むしろ企画するこちらのほうが楽しいくらいだよ。」と話す。

同店のコンテンツは、名物・山上さんの「いらっしゃい、いらっしゃい」と威勢のいい声が挿入されており、ひときわ目(耳?)を引くと評判だ。

「肉の冨士屋」の店主、海老沢さんは、「みんなと教え合ったりして入力しています。最近はBSE騒ぎで大変ですが、これで少しでも元気が出れば。」と切実な面をのぞかせる。

大規模小売店法(大店法)で守られてきた時代とはうって変わり、商店街も街づくり全体の観点から語られるようになり、その位置づけも「保護」から「自立共生」へと大きくシフトしている。

導入後すぐに商店街に活力が戻るというものではないが、お仕着せの設備や他力本願の方策とは異なり、店自らが主体的にかかわるこのシステムは、意識を含めた有効な活性化策の一つではないだろうか。

ジョイフル三の輪商店街では今日も、各店の思いを凝縮した10秒間のプレゼンテーションが道行く買物客を呼び込んでいる。

「八百権」店主・山上さん
「肉の富士屋」店主・海老沢さん

ジョイフル三の輪(三の輪銀座商店街)振興組合 事務局

〒116-0003 東京都荒川区南千住1-19-1
TEL:03-5714-2735/FAX:03-5714-2736
URL:http://www.tcn-catv.ne.jp/~joyfulminowa/index.html
E-mail:joyfulminowa@tcn-catv.ne.jp

 

VENDERs EYE

システム開発部 部長 倉田 貴幸

TEL:03-5714-2735/FAX:03-5714-2736
URL:http://www.cti-info.co.jp
E-mail:service@cti-info.co.jp

簡単・便利な情報配信システムは幅広い活用が可能

今回のシステム開発は、CTI情報センターが手がけた。同社は、自治体・金融機関・流通会社をはじめ、さまざまな業種や規模のコールセンター構築に、きわめて低コストで対応できるノウハウをもつ。

担当の倉田部長は、「今回の場合、『システム開発』にも増して、『コンサルティング』の要素が必要でした。ITになじみのない店主の人たちに、システムの必要性を理解してもらい、いかに操作や仕組みを分かってもらえるかといった点です。

開発にかかるまで、何度となく会合を開き、毎回夜遅くまで仕様検討や調整を重ねました。実際の開発期間は2ヵ月半程度でしたが、公的補助申請の関係や運用開始当日のイベント(鼓笛隊によるパレード)も決まっていたりで、遅らせることはできないというプレッシャーもありました。」と振り返る。

期限内に完成度の高いシステムを納入できたことは、同社がもつパッケージシステムや過去の経験がものを言っている。「Webからの入力インターフェースやFAX連携は、WebとFAX情報の一元化を図る『Web-FAXシステム』で、音声認識については『転出届自動受理システム』などで、VOISTAGEを使用した経験が生きています。」と、倉田部長は強調する。

入力が簡単で、リアルタイムに情報配信できるコンパクトな構成なので、商店街だけでなく、多くの店舗や売場をもつ商業施設や百貨店、さらには自治体・公共施設や学校の情報掲示板としてなど、幅広く活用が期待できるシステムだ。

 

ご注意

本レポートに記載された内容は掲載時点のものであり、システムの内容、社名 やご担 当者様の所属、連絡先などの情報について、閲覧される時点では変更されてい る可能 性があることを、あらかじめご了承ください。
なお、本レポートは情報提供のみを目的としており、弊社は明示的また は暗示的を問わず、内容にいかなる保証も与えるものではありません。