現在地

Send-FAX Serverシステム

>Send-FAX Serverシステム

Send-FAX Serverシステム 株式会社メディアシステム

オフィスからFAX機が消える!?
メール感覚でFAXの送受信が可能なソリューション

ドキュメントの通信にはEメールが一般的になっている。ただ、ペーパーレスの時代とはいっても、紙でのやり取りも簡単になくなるものでもない。事実、家庭用FAX機の普及率を見ても、伸びは鈍化しつつあるものの4割に迫り(内閣府調査、02年3月現在)、依然として主役の一つであることは間違いない。ビジネスをFAX通信に頼る企業の場合、送られてくるオーダーやメッセージをいかに効率よく処理し、経費を削減できるかは死活要素だ。「Send-FAX Serverシステム」は、FAXを取り巻くさまざまな問題を解消し、メール感覚でFAXの送受信がおこなえる新しいソリューション。オフィスからFAX機が消える日は近い?

USER8s VOICE

FAXにまつわる経費や手間から解放

「Send-FAX Serverシステム」は、福岡市に本社を置く、株式会社メディアシステムが開発、この10月にパッケージ販売を開始したばかりだ。 開発・販売の担当責任者である、同社システム企画部の山本悟課長に話を伺った。

「FAXというものは確かに手軽で便利な手段なのですが、大量のトラフィックを扱うには、手間・コスト・保存性・セキュリティなど多くの問題を抱えることになります。そこで、FAX機を置くことなく、パソコン画面から簡単な操作でFAXの送受信や文書の蓄積ができるシステムを開発しました。」

低価格化が進む家庭用FAX機に対し、オフィス用FAX機は、コピー等の機能複合化に伴い、導入コストや設置スペースもバカにならない。紙やトナーなどの消耗品も必要。

山本課長

「それらの経費に加え、FAX機と自席を往復する手間や取り違え、機密・親展文書の扱いなど、運用上のさまざまなわずらわしさやトラブルからもこのシステムは解放してくれます。」と山本課長。

FAXを意識せずに送受信操作

「Send-FAX Serverシステム」は、受信したFAXをFAX機で受けるのではなく、VOISTAGEが受け持つサーバーで画像データとして一括して受信・蓄積する。LAN上の各席のクライアントは、受信FAXの内容をPCの画面で確認したり、PC画面から相手のFAXに画像やテキストを送信できるシステムだ。

操作はまさにメール感覚。受信/送信トレイやアドレス帳などおなじみの画面構成で、だれでも違和感なく操作できる。 まずは送信シーンを見てみよう。 送信できるコンテンツは、テキスト原稿に限らず、地図や写真、イラストなどの画像やWORDやEXELなどの文書を添付することができる。さらにはURLを指定することもできるので、任意のホームページを鮮明な画像のまま相手にFAXすることが可能だ。

メール感覚の操作画面

たとえば、不動産情報FAX案内サービスなどで、お客様の要望に適う物件を、いちいちプリントアウトや切り貼りして送ることは不要。物件データベースがあれば該当する情報を添付、物件情報がホームページ上にあればURLを指定してそのまま送信すればよく、細かい間取り図などもクリアな状態で即座に相手に届けることができる。 また、送信状のフッター(下段部分)に自社の署名や広告、メッセージなども挿入できるほか、FAX一斉同報機能も備える。

次は受信シーンだ。 受信日時、送信者、既読/未読の区分、返信・削除の有無等の受信履歴は、受信トレイで一目で確認できる。受信文書は、デジタルデータとして保存され、もちろん必要に応じプリントアウトすることができる。

ダイヤルイン対応により、担当者別や部署単位など電話番号(ダイヤルイン番号)ごとにクライアント設定できるので、相手も安心して親展FAXを送信することができ、受信文書が社内で行方不明になることもない。なお、操作画面はユーザーIDとパスワード設定で保護される。

システム概念図

 

 

クライアントライセンスが不要で、ネット経由の利用も可能

モデムを使用する市販のPC用FAX送受信ソフトやFAXサーバーシステムも存在するが、このシステムがそれらと大きく異なる点は、上記のような多彩な機能のほかに、クライアントライセンスが不要である点だ。Webブラウザを使用しているため、専用のアプリケーションソフトをクライアント端末ごとにインストールしてセットアップする必要はなく、端末数に左右されずに低コストでシステムを導入することができる

これにより、離れた支社や自宅、出張先のパソコンからもインターネットを経由して本社のSend-FAX Server にアクセスし、FAXの送受信を行うことができる。

またオプション機能として、大量の受注入力業務に欠かせないFAX-OCRシステムへの発展や基幹業務との連携にも対応するなど拡張性にも配慮されている。 なお、このシステムの一部の機能を実際に体験することができる。任意のホームページをFAX送信できるサービスだ。右のFAXマークをクリックし、ぜひその使いやすさを実感してほしい。

FAXマーク

手ごたえを確信し、販売へ

システムは、FAX応答処理を受け持つ、VOISTAGEマルチメディアカードVS-403MC(INSネット64/4チャネル対応)を一枚搭載したサーバーにソフトウェアをセットしたパッケージとして販売される。

対象としては、前述の不動産情報サービスのほか、コールセンターはじめ、通販・卸売業等の各種受発注業務や、効率的な社内FAX情報ネットワークとしても運用でき、ある程度の規模でFAXを運用している先にはすべて当てはまるソリューションといえる。

先日、福岡で行われたVOISTAGEセミナーでは、同システムを山本課長が講演し、参加者の注目を集めていた。

「市場の反応は良好で、販売への手ごたえを感じています。今後は、より小規模な需要にも対応するため、2回線対応のFAX処理が可能なマルチメディアカードもラインナップしてほしい。」と、VOISTAGEへの期待も聞かれた。

同社は、"知る人ぞ知る"博多名物の明太子の老舗「ふくや」のグループ会社として97年に設立された。

99年にVOISTAGEパートナーとなり、九州各県のSI会社にCTIサービスをフランチャイズ展開、各社に設置したサーバーを使用した大規模なキャンペーンダイヤルにも対応する。 ピリッとエッジのきいた同社の展開にこれからも注目したい。

Send-FAX Server
※販売時点での最新のサーバーがセットされるため、写真は実際の製品と異なる場合があります。
同社が入る福岡県中小企業振興センタービル

株式会社メディアシステム

〒812-0046 福岡県福岡市博多区吉塚本町9-15 福岡県中小企業振興センター11F
TEL:092-623-1881
URL:http://www.media-system.co.jp   E-mail:info@media-system.co.jp
(Send-FAX ServerシステムURL:http://www.media-system.co.jp/send-fax/send-fax.html

 

ご注意

本レポートに記載された内容は掲載時点のものであり、システムの内容、社名 やご担 当者様の所属、連絡先などの情報について、閲覧される時点では変更されてい る可能 性があることを、あらかじめご了承ください。
なお、本レポートは情報提供のみを目的としており、弊社は明示的また は暗示的を問わず、内容にいかなる保証も与えるものではありません。