現在地

ワンタッチ呼出システム/同報呼出システム

ワンタッチ呼出システム/同報呼出システム
東京ガス

日常の連絡から緊急時の呼出まで
万一に備える万全のシステム

ライフライン企業にとって、災害時の対応は市民生活を守る上で重要な意味を持つ。850万件の先に都市ガスを供給する東京ガスが今回のユーザーだ。外部の関係機関や社内各部署・拠点に即座にアクセスできる「ワンタッチ呼出システム」、必要な社員全員を一斉に呼び出す「同報呼出システム」の2つのシステムが4月から稼動した。一般に防災対策では、初動体制の適否が被害の範囲を決定づけると言われている。その迅速な初動体制を支える連絡システムにVOISTAGEが採用された。
 


 
 

●ピンポイントとグループの呼出に2つのシステム

 ■情報通信部 市川副課長
  
 東京ガスは、首都圏1都8県の主要都市に都市ガスを供給する、国内最大のガス会社だ。超過密都市を控えるだけに、同社では、防災にはさまざまな対策を講じている。
システム導入・運用責任者である、情報通信部の市川明仁副課長にお会いして話を伺った。

 「当社では、8年前に前バージョンの同報システムを導入し運用していましたが、1人あたり1番号のみの設定や、発信者番号通知やダイヤル認識の不対応、グループの組み合わせや複合的な呼出ができないなど機能面で制約があり、今回それらの機能に対応した新しいシステムにリプレースしました。『万一の際にシステムが対応しなかった』では済まされませんから。」とのことだ。

 「ワンタッチ呼出システム」は、警察や消防、自治体など外部の関係機関、社内各部署や社外工事会社にワンクリックで電話発信ができるシステムだ。事故等の際に警察に発信記録を提出する場合に備え、通話ログも自動記録される。
 

 「同報呼出システム」は、災害や事故発生の際に、一斉に社員を招集する場合に使用する。1次(注意報発令時)、2次(警報)、3次(事故発生)体制といった災害の段階や種類、規模、エリアなどによって、招集する対象が細かくグループ設定されている。

 簡単に言えば、2つのシステムは、呼び出す対象が、ピンポイントかグループかの違いだ。両システムは、同一のサーバー・共通のインターフェースで操作でき、画面の切替えもボタン一つだ。

 このシステムが、エリアごとに設置された7ヶ所の緊急指令センターに導入され、4月から運用を開始した。それでは詳しくシステムを見ていこう。
 
●複雑・高度な呼出が可能に
 
 「ワンタッチ呼出~」は、例えばガスもれの通報が寄せられた場合に、その地区を担当する工事会社に出動を要請する場合などに使われる。地図画面上に導管(ガス管)が表示されたマッピングシステムと併用しながら操作する。通話はサーバー横の電話機から行え、緊急時だけでなく、日常の連絡などにも広く利用されている。普段からの操作慣れが重要であるとの考えからだ。

 「同報呼出~」は、大雨により、ある地区一体の導管が冠水した際などに、被害の程度や範囲により、職務や役職上必要な社員を招集する場合に使われる。1システム(エリア)あたり8回線での運用なので、同時に8人に発信でき、グループ人数によるが、通常数分で呼出が完了することになる。

 対応する端末は、社員自宅の電話やFAX、携帯電話・PHS、ポケットベルで、1人あたり3番号まで登録可能だ。「○○地域に大雨洪水警報発令、○次体制で出動してください。」等のメッセージが、音声またはテキストで端末に送られる。なお、携帯やPHSのショートメールにも対応可能だ。
 
 電話で出動要請を受けた社員は、出動可能の場合は55を、無理な場合は99をプッシュし回答する。複数グループに優先順位をつけて順に呼び出したり、話中や通話圏外の場合は、再呼出も可能。あらかじめ設定した出動可能人数になった時点でシステムが自動停止する。

 音声メッセージは、録音(事前・随時)のほか、入力文章を音声合成で読み上げることもでき、100パターンまで登録が可能だ。録音にはマイクは不要で、電話機から直接行える。呼出先の登録変更は、社員マスタのデータとも連携しているので、人事異動の内容も簡単に反映させることができる。 


■千葉・幕張の東京ガスビル


■災害種別ごとに呼出パターンが選
べる同報呼出システムのメイン画面


■7センターに設置されたサーバー

 

 ■サービス概念図

●2000年対策時にVOISTAGEの性能を確認
 

 VOISTAGEとの出会いについて市川副課長は振り返る。「実際に性能を確認できたのは、2000年問題対応の時でした。今回のシステムのベースとなったVOISTAGEパッケージ『一斉急報システム』のデモ版を借り受け、その安否確認機能を利用させてもらいました。設備面やソフト面など、それぞれの担当者が、自宅からの電話で担当する分野をダイヤルで指定することで、その時点での2000年障害の有無状況を音声合成メッセージで確認できる、情報提供のシステムです。これは使えるな、と思いました。」

 東海地震は言うまでもなく、最近では富士山噴火もささやかれるなど、首都圏での大災害が心配される。同社の場合、地震の際は、警戒宣言が出された時点で、上位システムにより全社的に自動一斉呼出する体制になっており、当システムはより地域的な災害や事故を受け持つ。4月の運用開始以降、幸いなことに本格的にシステムが稼動したケースはないとのことだ。
 


■防災訓練の模様
 VOISTAGE活躍の模様を紹介することが本レポートの趣旨だが、今回に限っては、VOISTAGEが"大活躍"することのないよう願いたい。登録変更は、社員マスタのデータとも連携しているので、人事異動の内容も簡単に反映させることができる。
 
●東京ガス株式会社(情報通信部)
TEL:043-296-5716
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬2-3
URL:http://www.tokyo-gas.co.jp

日電通信工業株式会社
営業部
システム開発課 課長
鴨川 朝生
TEL:03-3452-5801
FAX:03-3452-1626
URL:http://www.nichikoinc.co.jp
E-mail:postman@nichikoinc.co.jp


■右から鴨川課長、式部さん(営業担当)、
 安斎さん(開発担当)

●「一斉急報システム」としてパッケージ化
 
 今回のシステムを手がけ、ベースとなるパッケージ「一斉急報システム」を販売する開発会社が、VOISTAGEパートナーの一社、日電通信工業だ。東京ガスの各種無線・有線通信システムをはじめ衛星通信システムまで、ネットワーク・インフラ設備の設計や工事、保守に長年携わり、同社の業務やニーズの隅々まで熟知していると言える。

 営業責任者の鴨川課長にVOISTAGE採用の理由について聞いた。「ダイヤル認識や音声合成など必要機能が標準で搭載され、ソフトウェア上で実現するマルチメディアカードにより、機器構成や操作環境がシンプルにできたことが大きい。今回のシステムについては、VOISTAGEでしか成し得なかったでしょう。」と高い評価だ。さらに一斉急報システムについては、「3年前のリリース以来、より使いやすいようにバージョンアップを重ね、これまでに、電力・エネルギー・通信・土木分野のライフライン企業を中心に20システム以上の販売実績があります。さらに、全国の自治体や民間サービス会社も視野に、積極的に販売していきたい。」と語る。

 災害時だけのものとイメージされやすい一斉同報だが、通常時の連絡から緊急時の呼出、さらには各種マーケティングコールまで、活用シーンは広く、ムダなく運用できるこのシステム。多機能・低コストを実現した同システムの今後に期待したい。
 

一斉急報システム関連情報
●VOISTAGEホームページ

 

ご注意

本レポートに記載された内容は掲載時点のものであり、システムの内容、社名やご担 当者様の所属、連絡先などの情報について、閲覧される時点では変更されている可能 性があることを、あらかじめご了承ください。
なお、本レポートは情報提供のみを目的としており、弊社は明示的また は暗示的を問わず、内容にいかなる保証も与えるものではありません。