現在地

UnPBXシステム開発キット VS-UPK01


 
UnPBXシステム開発キット VS-UPK01

業界標準APIを使って
UnPBXシステムが容易に構築できます。

 


PC搭載例
ECTF互換拡張
       テレフォニーライブラリ

最大32内/外線の制御
大幅なコストダウン
小規模コールセンタシステムへ
  【基本機能】
・外線-内線交換機能
・外線相互および内線相互交換機能
・網交換機能
・ナンバーディスプレイ機能
・通話録音/ロギング機能
・ダイヤルイン機能
・音声応答(IVR)機能
・音声認識機能
・音声合成機能
・FAX送受信機能
・ダイヤルパルス認識機能 等

VS-UPK01は、VOISTAGEマルチメディアカード「VS-402MC/VS-403MC」と、別途販売されるステーションカード「VS-401SC」をインテグレーションしてUnPBXシステムを構築できる開発キットであり、業界標準のECTF(Enterprise Computer Telephony Forum)互換拡張テレフォニー・ライブラリの採用によって、VisualC++で容易に呼制御プログラムを組むことができます。

 筐体は、マルチメディアサーバーVS-3202MS、もしくは汎用PCサーバーを利用でき、1台のサーバーで最大32回線(内・外線合計)まで収容可能です。

 本製品は、内外線の交換機能、ナンバー・ディスプレイ、IVR、ダイヤルイン、通話録音、音声認識・合成、FAX送受信、ダイヤルパルス認識といったCTIの基本機能をカバーしており、これにより、アプリケーション開発者は、プレディクティブ/プレビューダイヤリング、スクリーンポップなど、コールセンターに必要とされる機能を容易に実現できます。


利用イメージ


製品の内容と価格

・ECTF互換拡張テレフォニー・ライブラリ
・内線ボード用デバイスドライバ
・開発マニュアル
・ステーションカードVS-401SC 1枚
・H.100-MVIPバス変換アダプタ 1枚
・H.100バス接続ケーブル 1本
・MVIPバス接続ケーブル 1本

 標準価格970,000円(税別)
 


※開発には別途WindowsNT4.0(SP4以上)、Microsoft VisualC++(Ver6.0以上)、VOISTAGEマルチメディアカード基本ソフトウエア(マルチメディアカード添付ソフト)が必要です。

オプション製品
 
 システム規模に合わせて選択してください。

品 名 型 番 標準価格(税別) 用 途
マルチメディアカード VS-402MC 578,000円 アナログ外線用4回線カード
マルチメディアカード VS-403MC 598,000円 デジタル外線用2回線(4ch)カード
ステーションカード VS-401SC 198,000円 アナログ内線用4回線カード
H.100-MVIPバス接続アダプタ VS-HMADP 14,800円 マルチメディアカード/ステーションカード
接続用アダプタ
H.100バス接続ケーブル VS-H4CBL 19,000円 マルチメディアカード相互接続用
4連ケーブル
MVIPバス接続ケーブル(3スロット) VS-M3CBL 6,600円 ステーションカード相互接続用
3連ケーブル
MVIPバス接続ケーブル(5スロット) VS-M5CBL 8,400円 マルチメディアカード相互接続用
5連ケーブル