現在地

日経ネットビジネス 1999.7

 

NTTデータ
「VOISTAGE マルチメディアカード VS-402MC」
 
音声合成特有のたどたどしさを感じさせない
自然な音質を実現


 NTTデータはCTI市場向けパッケージ製品「VOISTAGE」のラインナップに、高度な音声処理技術を搭載したマルチメディアカード「VS-402MC」を追加した。
 新開発された音声合成エンジンは、従来の製品とは一線を画するきわめてナチュラルな音質を実現。高品質な音声を必要とする各種のサービスに、最適なソリューションを提供する。
 さらにVS-402MCは、ダイヤル認識、発信電話番号表示、音声認識等の豊富な機能も標準装備。多彩な開発環境もバンドルされ、統合的なCTIシステムを容易かつ低コストで構築できる。


 NTTデータのマルチメディアカードVS-402MCは、高品質な音声合成を可能にしたのが特長だ。その理由は、最先端の音声処理技術の採用にある。「可変長音素片波形編集型規則合成」と呼ぶ独自技術で実現された合成音声は、従来の音声合成機能に有りがちなたどたどしさをほとんど感じない。きわめてナチュラルに、漢字・カナ混じりのテキストを読上げてくれる。
 NTTデータの「VOISTAGE」専用ホームページ(http://www.voistage.com)にアクセスすれば、この高品質な自然音声合成機能を実際に体験することができる。従来製品との比較もできるので、ぜひ一度、その違いを自分の耳で確かめてみたい。

PCIバス対応で開発環境も標準装備

 PCIバス対応フルサイズカード「VS-402MC」の優れた特長は、驚異的な自然音声合成機能だけではない。
 卓越した機能と高度な信頼せ、圧倒的なコストパフォーマンスを実現して多くのユーザから指示されている、4回線音声・FAX処理ボード「VS-401MC」(IBM-PC/AT互換ISAバス対応フルサイズカード)の持つ機能を継承。ナンバーディスプレイ対応、ダイヤル認識、FAX処理、音声認識、データ通信、回線認識、WindowsNT対応など、これからのCTIに求められる多様な機能をすべて標準装備している。
 さらに、新機能としてECTF H.100標準のCTカードバスや、常時音声適応型エコーキャンセラー、オーバースピーチ認識対応の音声認識などを新たに搭載。
 また、標準装備される開発環境も一層拡充され、ECTF S.100、TAPI/SAPI互換テレフォニーAPIライブラリを追加。また、高度で複雑なアプリケーション開発のためには、専用「スクリプト言語」や「Active X」を、プログラム経験のないユーザーには、GUI環境の専用開発ツール「StageWriter」を提供し、幅広い領域をサポートできる開発環境を用意している。

各分野で最良のソリューションを提供

 VOISTAGE製品を核とするCTIシステムの応用例は、情報提供系サービスから、予約・申し込み系サービス、企業情報系サービスまでと実に幅広い。
 NTTデータは、この幅広い応用分野で、ユーザーに最良のソリューションを提供するために、各分野のエキスパートと「VOISTAGEパートナー」契約を締結。それぞれのパートナーは、自らの得意な分野で、VOISTAGE製品を使用したシステムやサービスを開発・販売している。
 VOISTAGEパートナーは、99年5月現在で73社。VOISTAGEの応用システムも、音声認識テレホンガイドシステム、音声認識診療予約システム、一斉急報システム、Fax Filing Operatorシステム、音声認識ゴルフ場予約システムなど、ますます充実しつつある。
 中でも人気の高いのが、マルチメディアカードにオプションのOCRエンジンを組み合わせた「FAX-OCRシステム」だ。驚くべき認識率と高速処理を実現したこのシステムを利用すれば、英数字から手書きの漢字まで、効率良く変換。各種自動補正機能も搭載されており、Fax送信された手書き原稿をそのままOCR処理するので、入力作業を大幅に軽減できる。しかも4回線システム一式で180万円という、優れたコスト・パフォーマンスを同時に実現している。

  株式会社NTTデータ
 
● VOISTAGEインフォメーションダイヤル
音声認識・音声合成等のデモを24時間サービスしています。
TEL 0120-00-5062
● VOISTAGEホームページ
http://www.voistage.com
● E-mai
info@v oistage.com
 

トップページに戻る ▲一覧に戻る