現在地

VoiceXML機能

  音声とWebのシームレスな連携を実現する、
VoiceXMLにも対応

音声応答系情報サービスとWeb系情報サービスのシームレスな連携を実現する言語、VoiceXML。電話からの音声によるインターネットアクセスを実現するボイスポータルや、Webアプリケーションとの連携にVoiceXMLを使用することで、効率的でロケーションフリーなシステムの構築が可能となります。


 
ユビキタス社会を予感させるVoiceXML

VoiceXML(VXML)とは、XML(eXtensible Markup Language)の拡張言語で、音声対応型の標準化されたWeb記述言語です。独自のタグも指定でき、HTMLと同様の感覚で記述・運用ができる環境が特徴です。
インタラクティブな音声応答サービスと、無限とも言えるWebコンテンツやサービスの連携を容易なものとします。また、オープンなWebサイトだけでなく、コールセンターや企業内イントラネット上にある情報も音声サービスの対象となります。
さまざまなコンテンツへのアクセスやダウンロードが、いつでもどこからでも音声で実行でき、アクセシビリティに富む、まさにユビキタス社会に対応した言語といえます。
とりわけ、この環境には、Webコンテンツの読み上げに音声合成、発話による操作や命令に音声認識が重要なインターフェースとなり、VOISTAGEがもつアドバンテージが遺憾なく生かされます。

 
VOISTAGE VoiceXML機能

VOISTAGEでは、Web関連技術の標準化団体W3Cが策定するVoiceXML Ver.1.0に準拠したVoiceXMLをサポートします。各種ポータルサイトの構築や既存のWebアプリケーションとの連携が容易に実現します。
Webサーバ上にあるVoiceXMLアプリケーションは、クライアントに実装されたVoiceXMLのインタプリタ「Voiceブラウザ」を通じてダウンロードされ、記述されている各要素を逐次解釈し実行します。
また、複数クライアントで同時実行することはもちろん、複数のWebサーバから複数のVoiceXMLアプリケーションをダウンロードして実行することも可能です。
なお、専用のGUIツール「StageWriter® for VoiceXML」も用意。XMLを特別意識することなくプログラミングが可能な開発環境を提供しています。
 

VoiceXML対応の
マルチメディアカード

VS-202MCのページへ

VS-407MCのページへ

VS-1201MCのページへ

VS-1202MCのページへ

VS-2301MCのページへ

VS-2302MCのページへ

VS-4601MCのページへ

在庫僅少
 
StageWriter for VoiceXML
 
出力されたVoiceXML
 
使用例(Web情報音声サービス/Webを利用した更新データダウンロード)

 
その他の機能    
音声認識機能
音声合成機能
VoIP機能
サーバ分散構成機能
コールセンターソリューション