現在地

コールセンタソリューション


  トータルコスト1/2を実現する
VOISTAGE UnPBXコールセンターソリューション

コールセンター普及の鍵は投資リスクの低減にあるといえます。VOISTAGEでは、製品・ソリューション・運用等、さまざまな観点からコスト削減に努め、従来システムの1/2のトータルコストを実現します。さらに、スモールクイックスタートと、事業拡大にも容易な拡張性で、本格的な機能を求める中小規模のコールセンターニーズに柔軟に対応します。


 
コンセプト
 
   

コールセンターへのニーズ

 

VOISTAGEのアドバンテージ

     



 

絶対的なコストを削減
●製品自体の徹底したコスト追求●
●高度な各種機能の標準装備化●
●優れたUnPBXシステムの提供●
  
相対的なコストを削減
●提案から開発・サポートまで一貫した総合力●
●パートナーによる多彩なパッケージの提供●
●ユーザーフリーなインターフェース●
  
戦略的にコストを削減
●スモールスタートを実現する柔軟性●
●IP環境にも容易に連携する拡張性●
●オープンアーキテクチャによるロスの排除● 
  コスト半額のコールセンター実現へ  
 
システムの基本構造
 
プラットフォーム   機能アドオン   マルチチャネルシステム

ソフトウエア

コールセンターに最適化された基本ソフトウェアVer.6がシステム構築をサポートします。
●UnPBXシステム機能
●音声認識・合成機能
●IVR機能 その他
 
 
基本ソフトウェアで構築されたシステムに、エージェント(オペレータ)に関する各種機能やアプリケーションの開発環境を提供するオプションソフト「VOISTAGE AgentManager」を用意しています。無駄のないスモールスタートと柔軟な機能拡張を実現します。
●ACDアドバンス機能
●通話録音機能
●CMS機能 その他
 
 
電話/FAXに加え、Eメールコンタクトにも対応、各チャネルをシームレスにリンクします。VOISTAGEと密接に連携するパッケージ「テクノマークメール」が、システム構築・運営をサポートします。
●各種オペレータ支援機能
●各種管理者支援機能
●各種Eメール自動処理機能 その他
 
 

ハードウェア

 

ハードウエア一覧へ

システムの規模や目的に応じ、多彩なハードウェア製品を用意。
●マルチメディア/ステーションカード
●マルチメディアサーバー
●故障通報装置 その他
         

コスト1/2実現に向けて

従来のコールセンター(PBXシステム)

PBXを回線ゲートウェイとする従来のシステムでは、FAX・IVR・ACDなど、それぞれの機能をサポートする機器(サーバ)をPBX下に配置し、さらに音声系回線(内線)を、データ系とは別系統で敷設することも必要でした。大規模なコールセンターならともかく、中小規模にこのシステムを導入するには、さまざまな問題点や制限が発生していました。
 
●コスト面:高価なPBXを筆頭に、各サーバ、ネットワーク機器等のハード/ソフトウェア、設置工事等に高額のコストが必要。
●開発面:システム開発やメンテナンス時にメーカーやベンダーの異なる各機器相互のハード/ソフトウェアの複雑な設定・調整が必要で、整合性の追求が困難。
●運用面:センターの集中/分散やIP対応などの拡張性にも限界があり、レイアウト変更の際にも相応の工事が発生。


 

これからのコールセンター(VOISTAGE UnPBXシステム)

コールセンターに求められるさまざまな機能を、VOISTAGEのマルチメディアカードと機能アドオンが統合的にサポートし、UnPBXサーバ1台で実現します。さらに内線もIP化することで、ロケーションフリーな分散型コールセンターにも対応。シンプルな機器構成と、オープンで親和性のとれた開発/運用環境により、きわめてローコスト/短期間で構築でき、拡張やメンテナンスにも容易に対応します。

●同等の機能を有したPBXシステムに対し、ハード/ソフト/工事/メンテナンスのトータルコスト約1/2を実現(当社比)
●数席~100席未満のシステムに柔軟に対応
●低リスクのスモールスタートのシステムにも最適


 
その他の機能    
音声認識機能
音声合成機能
VoIP機能
サーバ分散構成機能
VoiceXML機能