現在地

Data Eco Business Vol.2

NTTデータの環境戦略
 
新しい時代のリサイクル、
家庭にいながら電話でフリーマーケット


Ecotown リサイクル情報交換システム
不用品の交換情報が電話やFAXで手軽に登録・検索できるシステム


■「リサイクル情報交換システム」とは?

 休日に広場や公園に行くと、フリーマーケットや不用品交換会などが催されているのを目にします。最近ではリサイクル専門誌の発行や、地域の広報誌に「譲ります/譲って下さい」などの関連記事も掲載されるなど、住民のリサイクル意識が高まっています。
 しかし、フリーマーケットは単発的に現地へ足を運ぶ必要があり、情報誌等の掲載には時間がかかるし掲載件数も限りがあるなどの問題が見られます。
 NTTデータ関西支社が開発したEcotown「リサイクル情報システム」では、これらの不要品情報を電話を使って24時間どこからでも検索・登録」をしたりすることのできるシステムです。
 操作も案内メッセージにしたがって、電話機のボタンを押すだけで簡単に行えます。また、各地に設置された街頭端末からも、画面にタッチして登録・検索をすることができます。
 情報誌等に比べて掲載できる件数が圧倒的に多く、登録したその日から掲載されるなどの特長があります。しかも、低コストで運用できて、紙も使わないため省資源にも貢献できます。
さらに、リサイクル情報だけでなくゴミや環境に関する情報も提供することのできる、応用範囲の広いシステムです。

■導入事例

 昨年3月に京都市、今年6月に神戸市、10月には大阪市と関西地区にて相次いでサービスが開始されました。このほかの都市でも数箇所の導入計画があります。各市では街頭端末を市内の百貨店・観光案内所・リサイクルプラザに設置し、市民に利用を呼びかけています。
 京都市では昨年12月よりインターネットのホームページでも不用品の情報を一覧で検索することができます。

導入都市 アクセス番号 端末設置場所
京都市 075-241-0530 高島屋京都店7F、醍醐中央図書館ほか
神戸市 078-391-7530 ハローステーションKobe(三宮)
大阪市 06-6643-2410 リサイクルプラザ赤川・塩草


各市システムのアクセス番号と端末設置場所

 
■導入後の反響と効果

●利用状況
 
 大阪市では10年10月のサービス開始直後から数日間、4回線ある回線が全部ふさがってしまうほどの利用があり、同月末までに約1万1千件を超えました。また昨年4月に開始した京都市では月平均約5千件の利用で、街頭端末の利用は約25%と1台の設置にもかかわらず利用率が高いのが特長です。10年6月から開始の神戸市でも同程度の利用件数ですが、FAXの利用が全体の半分以上を占めており、他市と比較してFAXの利用件数が高いといえます。
 手軽に利用できるためか、一度きりでなく何度も利用される傾向が見られます。

●人気のある不用品
 
 登録された不用品で一番多かったのが各市とも「ベビー用品」でした。次に「家具・インテリア用品」「台所・掃除・洗濯用品」などが続きます。
これまではベッドやタンスなどの大型家具については、持ち運びが容易にできないなどの理由で粗大ゴミに出されることが多かったのですが、本システムの導入により、それらの登録件数および成立件数が着実に伸びてきていることから、粗大ゴミの減量化に貢献できているとともに、市民のリサイクル意識も高まっていることが伺えます。


■住民へのPR方法について
 
●住民へのPR・啓発活動について
 
新聞や市内の広報誌に利用方法を掲載するのはもちろん、TV・ラジオでのCMや、公共機関でのパンフレット配付など、各市ともさまざまな方法で利用を呼びかけています。
 
●今後のPR方法について
 
 市民にシステムを理解していただくのに一番効果的な方法がシステムに直接触れることのでき街頭端末だということで、今後市内に街頭端末を増設することが神戸市と京都市で計画されています。また神戸市では、広報誌などに引き続き広告を掲載し、年末や引越しの時期にシステムのアピールをすることで、よりシステムを理解していただこうと計画しています。

 

   

 

システム構成図
 

メディア 情報の検索

情報の登録

電 話 71,167件 3.693件
街頭端末 24,448件 389件
合 計 95,615件 4,082件

京都市における利用実績(平成9年3月~10年10月)
 



画面にタッチするだけで不用品の情報の
登録・検索が行えるタッチパネル式街頭端末
(神戸市のハローステーションKobeにて)

■システムの将来計画
 


 リサイクルを待つタンスや食器棚などの家具
 (大阪市浪速区のリサイクルプラザ塩草にて)

【取材協力】

・京都市環境局事業部リサイクル推進課
・神戸市環境局業務部計画課市民啓発係
・大阪市環境事業局減量美化推進課
(順不同)

 
 
インターネット登録

 近年、パソコンが各家庭に普及しはじめており、そのためかインターネットでの利用できないかとの要望や問い合せが各市で多く寄せられています。
 京都市では既にホームページから登録済の不用品の一覧を検索することができますが、近日中には文字のみの不用品登録が可能となります。
 インターネットでは個人情報が公開されるため、各市それぞれの条例に基づいてインターネットでの不用品登録・検索について思案しています。

近隣都市との将来計画

 京都市・大阪市・神戸市が隣接しているため、3都市間で情報を共有して相互の利用促進を図ることも考えられます。そこで課題となるのが、個人情報公開・不用品の運搬など。個人情報については各市で保護形式が違うため、各市でどこまで公開するかを協議する必要があるようです。


関西支社公共システム部
TEL.0120-00-5062
E-mail:inf o@voistage.com
   

トップページに戻る ▲一覧に戻る