現在地

マルチメディアボックス 音声合成オプション

人の声に限りなく近い 圧倒的な肉声感と名量感を実現

音声合成エンジン3製品に対応

VOISETEXT

AITalk

FineSpeech

 

 

マルチメディアボックスに、音声合成オプションとして、「VoiceText」・「AITalk」・「FineSpeech」の3製品が対応しました。いずれも人間の肉声をベースとしたコーパス方式を採用し自然な音声を実現。また、高速な音声合成処理により、リアルタイム性が求められる自動音声応答に最適です。

VOISTAGEとの互換性を維持

従来と同様にVOISTAGE基本ソフトウェアのAPIが利用可能なため、既存のアプリケーションをそのままご利用いただけ、高品質なシステムもスムーズに開発できます。
VOISTAGEとの互換性

保守窓口を一元化

マルチメディアボックスと合わせて、VOISTAGEテクニカルサポートにて保守を受付けます。IVRと音声合成の保守窓口を一元化できるため、個別に音声合成エンジンを組み合わせてIVRを構築する場合に比べ、運用コストや手間が大幅に削減できます。

活用例

キャンペーン アンケートやマーケティングなど、大量
のアウトバウンドでさまざまなキャンペーン
を実施する際に。
コールセンター 「機械的な音声ではお客様への印象が
悪いから」と今まで諦めていた、コール
センターの一次応答に。
連絡網 職員の緊急招集や子供の安否確認な
ど、電話で確実に情報を取得・伝達する
サービスに。
図書館のシステム 図書館向けIVRシステムで、借りている
本や予約している本のタイトルを読み
上げる際に。
一斉同報サービス 気象情報や災害情報など、即時性が求
められる一斉同報サービスに。
テレホンバンキング テレホンバンキングでの残高照会や振
り込み相手先の読み上げなど。
IVRサービス 株価やニュースなど、Webシステムと
連動してコンテンツが頻繁に更新され
るIVRサービスに。
その他サービス その他、マルチメディアボックスを使っ
たさまざまなサービスに。

機能・仕様

  VS-VTX01
(Voice Text版)
VS-AIT01
(AI Talk版)
VS-FSC01
(FineSpeech版)
回線数 4ch / 23ch版
対応言語 日本語
対応話者 SAYAKA(女性) かほ(女性) Ver.2.1(男性・女性)
動作環境 VOISTAGE基本ソフトウェアに準ずる
音声出力 方式:PCM(μLaw)
サンプリング周波数:8KHz
量子化ビット:16bit
チャネル:モノラル
標準価格 オープン