現在地

マルチメディアカードVS-401MC

CTI新基準  ハードソフト一体開発のアーキテクチャ
 
マルチメディアカード VS-401MC
  
新しいCTI時代の核となる4回線音声処理ボードが、VOISTAGEマルチメディアカードVS-401MCです。CTIが発展し、オープンシステムへのニーズが一層高まるとともに、システム中核であるAPの開発レベルにも大きな変化と広がりが訪れようとしています。自社開発ツールを持つ専門会社から、プログラム開発経験のないエンドユーザーまで、幅広い領域をサポートできる開発環境を有することがこれからのCTIシステムには求められています。VOISTAGEが他の製品と大きく異なる点も、多様化するAP開発形態とハード自体の開発を一体で行っていることにあります。 VS-401MCに、Windows環境のGUI開発ツール「StageWriter」がバンドルされていることもその成果です。これにより、ハード/ソフト両面での責任ある一元的なサポートが可能となりました。

販売終了
本製品は2007.3.31をもって販売を終了しました。 長らくのご愛顧ありがとうございました。
今後は後継機種の
マルチメディアボックス VS-411MBをご利用下さい。

 
 標準機能  全ての機能を標準装備。このカード1枚でCTIの中枢が完結します。

さまざまな機能を一枚で完結
そして低価格

CTIの高度化に伴い、ボードにもより高いパフォーマンスが求められています。VS-401MCには、ダイヤル認識、ナンバー・ディスプレイ、音声認識、音声合成などの機能までもが一枚のボードで実現、容易に統合的なCTIシステムを構築することができます。さらにそれらがわずか69のドライバAPIで実現されることも、効率的なシステム構築には欠かせません。複数ボードでしか成し得なかった従来の常識をここ度も大きく凌駕しています。そして、CTI普及の鍵を握る要素のひとつがコストであることはいうまでもありません。開発環境がバンドルされた、多機能・高性能ボードVS-401MCの圧倒的なコストパフォーマンスは、開発者の底辺を広げCTIをより一層身近なものとします。

実行環境

DOS/Vパソコンで
VS-402MCには、市販のDOS/Vパソコンの拡張スロット(PCIバスフルサイズ)に搭載し、添付の基本ソフトウエアをインストールするだけで手軽に運用できます。

専用プラットホームで
より信頼性が求められるシステムには、専用のプラットホームである、マルチメディアサーバーVS-3201MSが用意されています。VS-401MCを8枚搭載して、最大32回線のサービスが可能となります。
専用設計による高い信頼性、堅牢製、拡張性を持つVS-3201MSは、金融機関や行政などのCTIシステムにも安心してご使用いただけます。
VS-3201MS 標準価格\1,380,000(税別)
ナンバー・ディスプレイ対応
NTTの発信電話番号表示サービスに対応、着信時に発信者の電話番号情報を取得することにより、関連あるデータも即時に入手でき、受信側システムによる高度な処理と大幅なサービス向上に貢献します。
ダイヤル認識 認識率99%以上
ダイヤルパルス信号をプッシュ信号(トーン信号)と同レベルで認識することが可能なため、わずらわしいトーン切り替え操作を不要にしました。もちろん音声案内途中でのダイヤル操作でも当社測定値99%以上の認識率を実現しています。
FAX処理 14.4Kb/sの高速送受信
14.4Kb/sの高速FAXモデムを搭載し、4回線の非同期送受信を可能にしました。FAX情報サービスや資料請求対応など、ビジネスチャンスの拡大と顧客満足度の向上に効果的なシステムが低コストで実現できます。
音声処理 高音質64Kb/sμ-LawPCM
高速RISCプロセッサの搭載により、64Kb/sμ-LawPCMのナチュラルな音質を実現。さらに40~16Kb/sADPCMのサポートにより、高品質の音声が必要とされるサービスから、大量の音声を取り扱うサービスまで幅広く対応できます。
音声認識の記事へ!(NTT技術ジャーナル) 音声認識 不特定話者の連続認識
認識させようとする単語をあらかじめテキストにて辞書設定しておくことにより、不特定話者の人が話す声をリアルタイムに認識することができます。同時認識単語数は最大1000単語×4連続。もちろんシステム全体での単語登録数に制限はありません。認識率は500単語の認識において95%以上を実現しています。※同時認識単語数や、認識率は使用メモリ、回線数により変わります。
音声合成のデモへ! 音声合成 漢字かな混じりのテキストを音声に変換
テキストで書かれた情報やデータを自然な音声に変換し、発声することができます。コード入力された商品名や、会員名などの読上げや、株価、預金残高紹介、レース速報、交通情報の提供など多用途にご活用いただけます。
データ通信 33.6kb/sによる高速送受信
33.6Kb/sの高速データ通信が可能。音声応答処理からデータ通信モードに切り替えて大量のデータを送受信したり、システムのリモートメンテナンスなどを行うことができます。
FAX-OCR機能(オプション)
一般のFAXから送られた手書き伝票をテキストデータに変換することが可能です。英数字はもちろん、手書きの漢字も高い精度で認識することができます。各種オーダエントリやアンケート収集などにご活用いただけます。
4回線対応 同時に4回線の音声・FAX処理が可能。
ボード1枚で4回線の音声/FAX応答処理を同時実行。1PCあたり最大8枚の使用で32回線のサービスが可能となり、大規模システムにも余裕を持って応えます。
回線認識 回線特性を自動認識
DT、RBT、BT等、使用環境ごとに異なる各種トーン信号のチューニング作業を、画面上の簡単な操作で自動的に行うことができます。PBXとの組み合わせなど、異なる環境の特性に合わせた最適な設定が行えるだけでなく、極性反転信号や回線電流有無、RING信号の検出等も可能です。
WindowsNT4.0対応 オープンな拡張性
対応OSはWindowsNT。既存システムへの適応性や拡張性に優れ、高度でオープンな使用環境を支援します。
 
 開発環境  さまざまな開発環境も標準添付。新たなツールの購入は不要です。

開発環境の階層とサポート領域

VOISTAGEには、開発形態に応じた多様な開発環境が用意されています。プログラム経験のない開発者にはGUI開発ツール「StageWriter」を。幅広いシステム開発を行うVARには、専用スクリプト言語やVisualBasic、VisualC++から利用できるActiveXを、また自社ツールを使用するVARにはより高度なプログラミングが可能なドライバAPIを適用するなど、システム用途やアプリケーション開発者のニーズにきめ細かく対応します。
 


GUI環境の専用開発ツール
「StageWriter」

StageWriterは、直感的にサービスフローが作成可能なGUI環境を始め、時代の期待に真っ向から応える優れた操作性、有用な機能を数多く備えた、音声・FAX応答システムAP開発ツールです。



開発期間の短縮
StageWriterには、フロー作成が容易に行えるだけでなく、作成したフローを擬似的に実行して動作確認を行えるシミュレーション機能や、仕様書作成機能などを有しており、従来の言語による開発方法と比較して大幅に開発期間・コストを削減することができます。
 

 
より高度なAP開発に
「スクリプト言語」


より複雑・高度なアプリケーションシステムの開発には、専用のスクリプト言語が用意されています。これにより、緻密な音声FAX応答処理を効率的に記述することができます。このスクリプト言語はVOISTAGE固有の言語体系と言語仕様をもち、StageWriter上でも直接記述ができ音声認識や音声合成の機能もサポートしています。また、言語仕様の解説や使用例はオンラインヘルプ化し、開発作業を中断することなく迅速な検索が可能です。
 

 
AP開発経験豊富な開発者へ
「Active X」


既に豊富なプログラミング経験をお持ちの方には、VisualBasicやVisualC++による開発にお応えできるよう、ActiveXコントロールも容易。StageWriterやスクリプト言語との機能的な親和性を考慮し、音声・FAX処理や音声認識・音声合成の機能を提供する多様なコントロールを提供します。また言語仕様の解説や使用例はすべてオンラインヘルプ化し、効率的な開発環境を実現しています。
※画面の使用に際して米国Microsoft Corporationの許諾を得ています。
 
 実行環境  開発されたアプリケーションソフトを実行する高性能エンジン。

実行エンジン
「StagePlayer」

StageWriter等で作成されたアプリケーションモジュールは、高性能エンジン「StagePlayer」が実行します。
マルチプロセスにより、回線ごとに異なるアプリケーションを設定してそれぞれを同時に実行させることが可能なため幅広い業務に対応させることができます。実行状態の監視、異常通知処理、実行ログ、トレースなど信頼性を高めるための各種機能も有しています。

・StagePayerモニタ画面



 
マルチメディアカードVS-401MC仕様


 外形寸法 (ISAバス フルサイズ)


主な仕様 

バス構造 IBM-AT互換ISAバス(フルサイズカード)
メインプロセッサ 汎用RISCプロセッサ×1
(クロック:20MHZ、SRAM:1MB、Flash ROM:1MB)
デジタルシグナル
プロセッサ
モデム用DSP×4、ダイヤル認識用DSP×
NCU機能 DP・PB発信機能、呼び出し信号検出、反転検出機能
回線電流有無検出、RING検出、LOOP電流 ON/OFF等
データモデム ITU-T V.34、V.32bis、V.32、V.22bis、V.22規格準拠
FAXモデム ITU-T V.17、V.29、V.27ter、V.21規格準拠
音声モデム 64Kb/sμ-LawPCM、40~16Kb/sADPCMの音声処理
DTMFトーン検出 0~9、*#ABCD
ダイヤルパルス認識 0~9、認識率99%以上、エコーキャンセラー、オーバースピーチ認識
※着信後にトレーニングダイヤル6~0が必要です。
音声認識 不特定話者の連続音声認識、同時認識単語数最大1000単語×4連続
音声合成 漢字カナ混じりのテキストを音声に変換、波形編集型規則合成方式
ナンバー・ディスプレイ NTTの発信電話番号表示サービスに対応
添付ソフト マルチメディアカード基本ソフトウエアVer.4
 ・GUI開発ツール(StageWriter)、専用スクリプトコンパイラ
 ・VisualBASIC/VisualC++用 ActiveXコントロール等 開発環境一式
 ・音声認識エンジン、音声合成エンジン
動作環境 CPU:Pentium200MHz以上、メモリ:64MB以上(128MB以上を推奨)
OS:WindowsNT 4.0(SP4以上),WindowsNT Server 4.0
JATE認定番号 S97-2384-0 F97-N069-0
標準価格(税別) 417,900円(本体価格398,000円、消費税等19,900円)(2003.5.12価格改定)